【年代別】エルサゲートから子供を守る方法を考えてみた

ヤフーニュースで「エルサゲート」と言う聞きなれない
言葉が出てきたので、確認してみました。
また、親としてどのように対処すれば良いのか考えてみました。

エルサゲートとは何か?

まず初めに「エルサゲート」の特徴をリストアップします。

  1. 有名キャラクターの偽物を利用し、幼児教育動画を装っている
  2. 穏やかな動画が一転、不適切内容(下記)になる
  3. コンテンツに暴力・性的・下品が多く含まれる

ディズニーキャラクターや、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、
NHK教育テレビのキャラクターなどの偽物が登場し、
質の悪いブラックユーモア展開をするアニメーションと
ざっくり把握してもらえば、間違えはないと思います。

親が意図しない場面で、
子供がエルサゲート動画を見てしまうことにより
トラウマを植え付けられたり、暴力的・性的欲求が生じることが懸念されます。

名前の由来、「エルサ」は「アナ雪」のエルサから来ていると言われ、
「ゲート」はスキャンダルに関連した出来事に利用する接尾語との
事ですが、まぁこれは覚えておかなくても良さそうです。。

まずはサンプルを見てみましょう

百聞は一見に如かずというわけで、
YouTubeでサンプルを見つけましたのでご確認ください。

▼動画内容▼
ミッキーの偽物が暴力を含む、いたずらをする内容です。
ショッキングな内容に極度に弱い方は見ないようにしてください。

正直、どうってことのない内容ですが、
子供(特に幼児)には見せたくない内容ですね。

エルサゲート動画の目的

それではエルサゲート動画が作られる目的は何でしょうか。

これも本筋とは離れているので簡単に説明すると
ズバリ、「動画再生における収益」となります。

仕組みは細かく説明はしませんが、
現代っ子のyoutube垂れ流しトラフィックを狙った
「再生数稼ぎ=広告収益」がエルサゲートの目的となります。

だったら、偽物キャラが楽しく遊んでいるだけの
動画にしてくれればよいのですが、
ブラックな内容にしておく理由があるのだと思います。(後述)

エルサゲートのターゲット

これは私の推測となりますが
エルサゲートがターゲットとしている年齢層は

  1. タブレットを利用して動画を垂れ流しに見続ける幼児~小学生
  2. SNS(LINEなど)を利用して動画を拡散する中高生

かと思われます。

1.の幼児~小学生の場合、
「キッズ」カテゴリーに動画を登録すれば、動画サイトの
「自動再生」機能により、再生数を稼ぐことが可能となります。

2.の中高生をどのように取り込むかという点で、
偽物キャラクターが質の悪いブラックな低俗行動をすることで、
共有感をくすぐり、拡散、再生数を稼ぐ狙いが有るのではないかと考えています。

【年代別】エルサゲート対策の提案

それでは、どのようすればエルサゲート動画を再生せずに済むのか
年代別に考えてみました。ご参考になれば幸いです。

いきなり出鼻をくじく形となりますが、
家のインターネットを解約するくらいの意気込みがない限り
不適切なコンテンツをシャットアウトすることは出来ません。

ですが、今の世の中、ネットを完全に遮断した生活を送ることは困難です。

YouTubeを見せなければ良いだけとのお考えもあるかと思いますが、
忙しい大人がYouTubeを使って、
少しでも時間を稼ぎたいと言う気持ちは痛いほど分かります。

もちろん垂れ流しで動画を見せ続けることは教育上良くありませんので、
「ご利用は計画的に」の範囲でお願いします。

幼児

YouTubeアプリを「YouTube Kids」に変更する

幼児に不向きな動画に対し、
フィルターをかけた子供用アプリが提供されています。
大人と同じ再生環境を利用させないようにしましょう。

再生されている動画をきちんと確認する

上記アプリを利用しても「不適切な動画」を完全に防ぐことはできません。
次から次へと抜け道を利用してくる可能性があります。

その為、親の責任で再生されている動画を定期的に
確認するようにしましょう。

その他映像コンテンツを利用する

有料となりますが「ベネッセ」「NHK教育テレビ」など
幼児が楽しんで集中してくれるコンテンツが充実しているサービスを
利用することも検討してはいかがでしょうか?

ハードディスクレコーダーなどに朝の教育テレビを録画しておき、
夕飯の準備時間などに見ておいてもらうのもありかと思います。

テレビの場合リビングにあることが多く、
親の目の届く場所に居てもらえることも利点となりますね。

小中高生

悪意あるコンテンツの存在をきちんと説明する

小学生を過ぎると、人気YouTuberなどのコンテンツや
ゲームの説明動画に興味を持って来ます。

こういったコンテンツはキッズ向けアプリのフィルター対象と
なることも多く、大人と同等の再生環境が必要となります。

そのため、不適切な動画と出会う機会は必ず発生します。

無理にシャットアウトする事も出来ますが
逆に興味を持たれる結果となってしまう可能性が高いです。

インターネットにある全ての動画が悪いわけではありません。
公共のTV放送全てが良いわけでもありません。
コンテンツの質を正しく判断し、対応出来るようにすることが大切なのです。

その為、悪意のあるコンテンツの存在をきちんと説明し、
出会った場合は冷静に判断をするように理解してもらいましょう。

性的な内容の説明が難しい場合は暴力面から説明しても良いでしょう。

悪質コンテンツを拡散しないように説明する

中高生ともなると自分のスマホを持ち、
LINEのトークやタイムラインに動画が共有される可能性があります。

自分が意図しない情報共有による被害があることを
理解させましょう。

また、そういったコンテンツを拡散することで
不快な思いをする人がいることについても理解してもらいましょう。

【まとめ】小学生を過ぎたらコンテンツを正しく判断するように教育しよう

不適切なコンテンツをシステム面で完全にシャットアウトすることはできません。

わき道にそれますが、
世界的に愛されている「トムとジェリー」は内容的に暴力的な場面も多く、
不適切であると判断できるかもしれません。
暴力をしてはならないという反面教師として判断できるかもしれません。

世の中にはブラックな内容のコンテンツも存在し、
それが芸術作品となるケースもあります。

自分で判断が出来る年ごろになったら、
そういったことを無理に隠さず正しく判断できるように教育する事を
検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー