算数が得意な子の脳は、どこが違うのか?:PRESIDENT Online – プレジデント

01
学校 Freepikによるベクターデザイン

脳のメカニズムの話は結局なんだか分からない話でしたが、
どこでどんな間違いをしたかと言う確認は非常に重要かと。

算数には必ず答えがある。問題を間違えた場合、自分がどこで誤ったかというプロセスを計算式の中で確認できる。それを認められる子は、どんどん成長していける。

「答えが間違ったという事実だけを意識する子は、それ以上先へ進めません」

算数で間違いを把握する作業は、自己認識能力につながるものなのだ。

「親は、子供が算数の問題で間違えた際に、どこでどんな間違いをしたかを子供自身が把握しているかにも気を付けたいところです。問題が解ける、解けないで一喜一憂することよりも、この問題を通して、子供の自己認識能力が成長しているんだ、と考えてみてはいかがでしょうか」

引用元: 算数が得意な子の脳は、どこが違うのか?:PRESIDENT Online – プレジデント.

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー