テーマをCocoonに変えてついでにSSL化してみた件

WordPressをアップデートしたらインターフェースが一新されてすごく戸惑ってますww

超久しぶりにブログ更新する気になったのですが、
WordPressにログインできず、いきなり心折れそうになりました・・
何とかログインはできたものの、
何も考えずにWordpressを更新したら、
メジャーアップデートだったらしく、
エディタのインターフェースがすっかり変わって二度目の心が折れ・・・

と言う感じでぼちぼち更新していきます。

時代はSSL化、早速やってみたよ。

なんかブログをSSL化しないと
Chromeで警告が出されちゃうらしいですね?(18年7月末から)
てなわけで、ブログをSSLしてみました。
私はロリポップを使っているので以下のような手順でした。

  1. ロリポップ管理画面にログイン
  2. 左メニュー「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」を選択
  3. 保護されていないドメイン一覧がでるので、選択し「独自SSL(無料)を設定する」ボタンを押す。→しばらく待つ。
  4. WordPress管理画面にログイン
  5. 左メニュー「設定」→「一般」を選択
  6. 「WordPress アドレス (URL)」、「サイトアドレス (URL)」のURLをhttp→httpsに変更する。sをつけるだけ。保存をすると管理画面がhttpsにリダイレクトされるので、保存前にちゃんと確認すること。半角・全角注意!
  7. WordPress管理画面に再ログイン
  8. プラグイン「Search Regex」をインストールして、有効化。
  9. 左メニュー「ツール」→「Search Regex」を選択。
  10. 「Search Regex」を使って、今までに記事に記載されているhttp://domain.xn--comhttps-if4gmmh715fznma://domain.comに変更する。Serch Regexの使い方はhttp://domain.xn--comsearch-dq4h patternに指定し、https://domain.xn--comreplace-yr4i patternに指定し、Serchボタンを押す。無事に検索されたら「Replace & Save」ボタンを押す。
  11. .htaccessで301リダイレクトを指定する。(別途説明)
  12. これでSSL化できているはず。

過去記事のhttp表記をリプレースしないとならない

上記手順でSSL化しただろうと思っていたら、
どうも鍵マークがつきません・・いったい何が悪いのかと思っていたら
過去記事の画像や内部リンクがhttp指定されているのを発見。
そりゃ、自動的には直らないよね。。

というわけで偉い人のページをググっていたところ、
「Serch Regex」というプラグインを見つけました。
これを使ってhttp://domain.comをhttps://domain.comに変換かけます。

Cocoon、SSL化の「はまりポイント」

いよいよテーマをCocoonにして遊べるぞ!と勢い巻いて
テーマを変更したところ、またSSLが外れてしまったようです。

どうもCocoon設定にもSSL設定が必要になるらしく、
以下はまりやすいとお物で備忘録がてらメモを残します。

「Cocoon設定」→「その他」→「簡単SSL対応」にチェックを入れる
「Cocoon設定」→「AMP」→「AMPロゴ」のURLをhttps表記に直してあげる。もしくは自分で作成したロゴをアップロードする。(するとhttps表記にに代わる)
→これは結構はまりました。上記簡単SSL対応ではこの部分のURLがhttpsにはならず、手動で直さないとno-amp-logo.pngのURLがhttp指定されてるぜ!ってchromeに怒られちゃいます。
「Cocoon設定」→「OGP」→「ホームイメージ」のURLをhttps表記に直してあげる。もしくは自分で作成したロゴをアップロードする。(するとhttps表記にに代わる)
先ほどのamp-logoと一緒です。手動で直す必要があります。
赤色付箋はCocoonの質問フォーラムにも書き込みがあるものの
回答が見つけづらいポイントでした。

以上で私の環境ではSSL化が完了しました。
今回はSSL対応とCocoon導入で力尽きました。笑
CocoonでSSL化しようとしている皆さんも頑張ってみてください。

モチベーション保って日記かくぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました