塾の面談で先生にすべきいい質問とは?

受験で考えたこと

面談での質問の仕方にとどまらず
予習復習に関する内容があったので、ログログ。

具体的な質問を投げかけることで、先生自身もどこを注目すべきかが分かり、普通はそこまで生徒一人ひとりをじっくり見ることはないけれど、あなたのお子さんのことを、気を付けて見るようになると思います。
-引用 日経DUAL 「中学受験 塾の面談で先生にすべき、いい質問とは?」

「ちょうじょ」の通う塾は少人数制なので
大手塾と比べると一人一人を見て頂いていると感じています。

それでも心配になるとワイフがメールで先生に相談をしてくれ
具体的にどの部分が良い、悪いなどのアドバイスを頂けます。

子供だけでなく親も具体的に子供の状況を把握する事が必要ですね。

 中学受験の目標は志望校に合格することです。しかし、子どもは、大人と違って先を見通す力がまだないため、遙か先にある目標に向かって頑張ることができません。そこで、例えば「次の小テストで100点を目指す」などの小さな目標を設定し、それに向かって頑張るようにしましょう。

 また、授業を受けるときは、ただ受けるのではなく、「今日はこの単元をしっかり覚えるぞ」と目的意識を持って受けるようにしましょう。すると、おのずと次の【準備】が必要になります。
-引用 日経DUAL 「中学受験 塾の面談で先生にすべき、いい質問とは?」

これはコーチングの話にもつながるんですかね。
子供に対して「抽象的な目標を与えず、具体的な目標を与える」という事ですね。
勉強を教えるにしても「具体的な言葉、例で説明する。」を心がけないとね。
また、小さな目標を設定していく場合、全体の進捗管理は忘れないようにしないとね。

本日の教訓
先生にも子供にも具体的な言葉を発する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました