割り算の考え方

長女は割り算の計算は出来るものの、
「割る」と言う行為をしっかりイメージ出来ていない模様。
早速、100円ショップで「おはじき」を購入して確認してみることに。

<<確認>>
おはじき20個を「2で割る」、「4で割る」、「5で割る」と言った感じで並べさせてみる。

<<結果>>
暗算をしておはじきを並べられるけど、自信なさげ。

<<考察>>
「割る」と言う行為が「分ける」と言う行為で有ることがおぼろげ。
割った結果「商」とは何かというイメージが出来ていない。

そんな感じで割り算ってなんだろうと思い、ネットを探ってみると
割り算の教えかた | Shinsuke.com.で割り算について深く書かれていました。

たとえば「10÷2」には「10 を 2 つに分けると、5 ずつになる」という考え方と、「10 には 2 が 5 個ある」という考え方があります。多くの子どもたちは前者の考え方に縛られて、後者の発想ができません。まずは何度も問題を口頭で読み換えてもらい、後者を理解してもらわねばなりません。

この発想がつかめれば、「120÷0.8」のような計算の意味がつかめることになります(むろん、小数の意味が理解できていることが必要です)。「120 には 0.8 が何個入っているか」求めるわけですよね。答えは「150 個」になります。

この学習を通して、「10÷2」の意味を「10 は 2 の何倍か」と読めるようになればしめたもの。その状態なら、「5600 は 7000 の何倍か」と読むこともできます。小数の理解さえできていれば、割り算のパートはここまでで終了です。

引用元: 割り算の教えかた | Shinsuke.com.

「割る」=「分ける」と言う発想で割り算を教えてしまうとその先に思わぬ落とし穴が有るわけですね。

もうすぐ4年生の長女にもこのポイントをしっかり理解させたいところです。

<<追記>>
道草学習のすすめというブログに非常に参考になる記事がありました。
長女には計算のセンスを磨きなさいと抽象的な話をしていましたが
こちらのエントリーをみてつながりました。
しっかりと支えてあげないとなりませんね。

基礎基本の徹底と称した機械的な反復よりも

計算の意味を考えることが

数学的なセンスの形成につながっていくことは

まちがいのない事実である。

引用元: 道草学習のすすめ : 割り算の第3の顔、「バランス感覚」.

コメント

タイトルとURLをコピーしました